2007年04月26日

グループウェアとは

「グループウェア」という言葉について、説明を求められることは少なくなりました。

それは、グループウェア市場がすでに成熟市場にあることと関係があるでしょう。

実際に使っているか、あるいは身近で使っているのを見たり、ウェブサイトを見たりして、グループウェアのイメージが出来上がっていることでしょう。

5年前であればグループウェアの代名詞は Lotus Notes で、最近はサイボウズの名前がよく挙がります。

インターネット普及の波に乗って、ウェブブラウザを使ってアクセスするグループウェアがWebグループウェアと呼ばれ、サイボウズを導入した企業は少なくありませんでした。

グループウェアがもつ機能は、一般的には、スケジュール管理機能、文書共有機能、ワークフロー機能、掲示版、ウェブメール、回覧板、ToDoリスト、アドレス帳、施設予約など、企業のコミュニケーションや情報共有を促進する機能ばかりです。

グループウェアが"グループ"内のメンバー間で情報を共有するためのソフト"ウェア"であるとするなら、ファイルサーバーやメーリングリスト、チャットもグループウェアの一種だといえます。

そういった意味でグループウェアとは、グループのメンバーが業務を遂行するために使うソフトウェア、あるいはコミュニケーションを円滑にするソフトウェア、それがグループウェアです。

posted by グループウェア at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。